フロアコーティングをする理由は?

フロアコーティングをする理由は?

フロアコーティングとは、フロア(床)を塗装するなどの方法で保護膜を作ってしまうというものです。
ワックスなどもフロアコーティングの一種といえますが、ワックスは耐久性がなく短い期間に塗替えを行わなければいけませんが、フロアコーティングの場合には耐久性のある樹脂を用いるので耐久性の劣るコーティング剤でも年数単位でその効果が持続するといったメリットがあります。


一方でフロアコーティングをする理由は人によってそれぞれですが、第一に汚れや傷を付きにくくするということがあります。

通常の木製のフローリングでは表面が柔らかいため傷がつきやすいといったデメリットがあり、またジョイントすることでフロアを作るので隙間があり液体が染みこむと完全に掃除することが難しくなります。

マイナビニュース情報があれば全てが解決します。

これらが臭いの原因になり住環境を悪化させますが、コーティングすることで汚れを弾くため防ぐことが可能です。

一流の東京のフロアコーティングに関するサポートサイトはここです。

このためUVカットの性質を持つ樹脂を用いることで、フロアの日焼けを防ぐことが可能で、フロアそのものを長期間にわたって綺麗な状態に保つことができます。



また日頃から掃除をする人であっても、コーティングすることで汚れが取れやすく掃除に掛かる労力を軽減することができます。

しかし、フロアコーティングをするためにはすべての家財を取り除く必要があります。

このためコーティングを行うタイミングとしては、その部屋に入居する前やリフォームをするさいなどに行われます。

Copyright (C) 2016 フロアコーティングをする理由は? All Rights Reserved.